水子供養 

 「人は望んで生まれてくるわけではない。たまたまその両親を
縁としてこの世界に生まれてくるのだ」と思いますか?


今この三界は皆これ我が有なり その中の衆生は

ことごとくこれ我が子なり しかも今このところは

諸の患難多し ただ我れ一人のみよく救護をなす

 お釈迦様は自ら望んでこの娑婆世界にお生まれになった、と述べ
られています。私たちも同様です。そして、清い人たちや比丘比丘尼
を遣わして諸の衆生を導き、ただお釈迦様のみがお救いになられる
ともおっしゃられています。
 当妙榮寺でも、他のお寺様と同様従来から「水子供養」を致してお
ります。ホームページ上でもお申し込みを頂くようにしようと思いたった
のは、当山で運営しております『カンタカ奨学会』の基金にそのお布施を
繰り入れようと考えたからです。

 本来生まれるべき命が何らかの理由で生まれ得なかった。その供
養を果たさねば障りがあると思い、或いは現に苦しんでおられる方々
の心持を良い方向へ転じるために、お手伝いいたします。生まれる時
にも苦があり、生きていくことにも苦がある。苦を転じて楽となすの
が仏様の教えです。それぞれの水子への供養の志を仏前に供え、生
きている方々の支えにそのお布施がなれば、素晴らしい功徳になる
のではないでしょうか。

 
 お申し込みを頂いたら、1ヶ月間毎日施主のお名前をお呼びし朝夕
2回お経をあげご供養申し上げます。お布施は3000円とし、すべて奨
学会へ繰り入れます。

 メールと電話(0973−22−2245)でお受けいたします。お布施は
現金封筒でお願いします。表書きは仮名でも結構ですが、中に施主
(供養する方)の本名をお書きください。

 不在の場合や、法務でさしあう場合もありますので事前にご連絡
ください。

〒877−0012 大分県日田市淡窓1−4−25 妙榮寺
  
  ”私がご供養いたします”